南部美人

蔵元直送ネットショップ メニュー

HOME > 商品情報 > 日本酒 > 純米吟醸 > 南部美人 あわさけ スパークリング(2017年11月出荷予定)

商品情報 純米吟醸

南部美人 あわさけ スパークリング(2017年11月出荷予定)

南部美人 あわさけ スパークリング(2017年11月出荷予定)商品写真

SAKE COMPETITION 2017 発泡清酒部門1位!!

南部美人初の挑戦、瓶内二次発酵! 

心地よい吟醸香、優しい口当たり、スパークリングの爽やかさもありながら、後味にしっかりと米の旨味が残るバランスの良いawa酒です。

※2017年11月から順次出荷を予定しております。

 

▶南部美人 あわさけスパークリングについて

「2020年東京オリンピック・パラリンピックで乾杯酒を目指さないか」
この一言から、南部美人の新スパークリング酒である「あわさけスパークリング」の開発がはじまりました。
 […続きはこちら]

【 関 連 】

南部美人  蔵元直送ネットショップ 10,800円(税込)以上で送料無料

原料米

米(国産)、米こうじ(国産米)

仕込水折爪馬仙峡伏流水(中硬水)
日本酒度-20
アルコール度数12度
酸度1.6
おすすめの飲み方

720ml
4,860円 (税込)
ショップで購入する
720ml(箱あり)
5,400円 (税込)
ショップで購入する

お問い合わせこの商品について問い合わせる

 

「2020年東京オリンピック・パラリンピックで乾杯酒を目指さないか」
この一言から、南部美人の新スパークリング酒である「あわさけスパークリング」の開発がはじまりました。
声をかけてくれたのは、一般社団法人awa酒協会の理事長で、群馬県川場村で「水芭蕉PURE」を醸す蔵元の永井君でした。私と同じ年、製造部を長く統括しており、20代の頃から全国鑑評会の出品酒をはじめ、様々なお酒で技術の交流をしていました。
この最高に夢のある物語を一緒に描いていきたい、その思いで一般社団法人awa酒協会の設立から参加をさせていただきました。
透明だけどガスを注入するスパークリング、二次発酵だけど濁っているスパークリング、日本のスパークリングは主にこの2つのどちらかになります。awa酒協会では、瓶内二次発酵で、濁らず透明で、シャンパンと同じ強いガス気圧で、グラスに注いだ時にシャンパンと同じように一筋の泡が立ち上がるスパークリングを規定にしました。
まさに、日本のスパークリングの歴史に新しい1ページを刻みました。
そんな、awa酒協会が認定する「南部美人 あわさけスパークリング」がこの度、世界一の市販酒を決めるコンテスト「SAKE COMPETITION 2017」で、新設の「発泡清酒」の部門で見事第1位を受賞しました。
開発にはかなりの苦労を杜氏はじめ製造スタッフにはかけましたが、その苦難の道を乗り越え、この受賞につながりました。
今年からスタートしたばかりのこの「南部美人 あわさけスパークリング」。まだ生産量が多くないので、予約での販売となりますが、どうかご理解をお願いします。
お酒は今、蔵でじっくりと瓶内二次発酵中です。時間がお酒を育てる瓶内二次発酵。出来次第皆様にお送りしますので、どうか楽しみにお待ちください。

南部美人 五代目蔵元
久慈浩介